催眠術

催眠術とヒプノセラピー(催眠療法)との違い

こんにちは
あなたの潜在能力を最大限に引き出す
大阪 女性催眠術師 水野真由美です。

催眠術とヒプノセラピーの違い

〜この記事は、ただいま、リライト中(編集中)です!お見苦しいところが多々ありますが、主旨は伝わると思います、よかったら読んでください😆〜

催眠術と「ヒプノセラピー」または「催眠療法」との違いについて、よく聞かれます。

この問題について、ブログやYouTubeで語られてる方もいて、それはちょっと違うかも?と思ったこともあるので、催眠術師のわたくしから見た目でお話ししたいと思います!

3つの催眠の世間の認識

まず最初に「催眠術」「ヒプノセラピー」「催眠療法」についてざっくりと分けてみます。

ヒプノセラピー
  • 暗示文に沿って催眠状態へ誘導し、催眠状態の中で子供の頃の記憶や、前世の記憶を描く、または未来を描くことをして、問題を解決に導きます。
  • スピリチュアル要素が強く、霊的存在を大切に考えます。
  • 「幼児期退行・インナーチャイルドワーク」「未来生療法」「前世療法」など。
催眠療法
  • 暗示文に沿って誘導していき、子供の頃にできたトラウマを探り、問題を解決に導いていくことが多いように思いますが、他にもテクニックは色々あります。
  • 基本スピリチュアル要素はないですが、施術者によります。
催眠術
  • テレビで見るような催眠現象を起こしていくことができます。
  • 被験者の動きを細かく観察しながら、個人により手を変えて深い催眠状態へ導いていきます。
  • スピリチュアル要素はありません。理論的で催眠は脳の科学と心理学という考えに基づきます。

この技術を使うことにより深い催眠状態へ導くことができるので、催眠療法にも応用していきます。

「ヒプノセラピー/催眠療法」と「催眠術」は、基本同じ催眠です

催眠術は「ショーで見せるためのもの」で、ヒプノセラピーや催眠療法は「問題解決のためのもの」。

そんなことを、ヒプノセラピストの方がYouTubeでおっしゃっているのを発見しました。

わたしも催眠術の道に入る前はそう思っていたのですが、催眠を深く理解できるようになった今は考え方が大きく変わりました。

同じ催眠という意味と、催眠状態に持っていくという意味で、ヒプノセラピーも催眠療法も催眠術も一緒です。

違いは、催眠誘導時のアプローチ(催眠のかけ方)と、催眠状態を深める技術の方法にあると思います。

催眠術は人をコントロールするものです!

また、ある催眠療法士の方がブログに「催眠術は人をコントロールするもので、催眠療法とは違う!」と、結構攻撃的に書かれていたのを発見してしまいました!

それはまったく違うし催眠というものを理解されていないな、と思いました😅

しかし、わたしも催眠術を勉強する前は、催眠術に対してそんなイメージがあったような気もするので(今となってはそんな気持ちも忘れてしまったけど)、仕方ないのかな〜とは思います。

だけど、こうおっしゃってるってことは催眠術にかかってみたことも、きちんと調べたこともないことは明らかです。

催眠を職業にしているのであれば、「催眠術は人をコントロールするもの」なんて言ってしまうのは、とても恥ずかしい間違いであるから。

 

ちなみに、前述のYouTubeで語られていたヒプノセラピストの方は、催眠術師には会ったことがないとおっしゃっていましたので、やはり催眠術という技術を理解されていないと考えます。

人は自分の心の中を通して世界を見るから、経験していないことはつい自分の物差しで考えてしまうってことありますよね💦

はにぃ
はにぃ
わたしも日常で色々想像で物事を判断してしまうこともあるから〜、我が身を振り返り戒めにします 笑

スピリチュアルも洗脳も世の中のほとんどは催眠の一種

催眠術の仕組みを知ると、本当の意味で催眠の本質がわかります。

催眠術を勉強したわたしから見ると、スピリチュアルも世の中の洗脳もヒーリングも、催眠の一種です。

ただ、呼び名が違うだけ。わたしたちはそれを催眠の一種と考えるけど、世の中では「霊的存在」「ヒーリング」「洗脳」「マインドコントロール」、などど、呼ばれているのです。

催眠術の技術で「オーラを見せる」ことができるのも、スピリチュアルは催眠の一種だからなのです(^_-)

人は日常でしょっちゅう催眠状態になっているのです💡

はにぃ
はにぃ
催眠術という技術を知った今は、それらが心から腑に落ちるようになりました。

催眠状態とは想像がリアルになったもの

催眠状態を簡単にそして極端に説明すると、自分の想像がリアルになったものと言えます。

例えば、小説を読んでるとき、映画を観てるとき、テレビのCMを観てるとき、頭の中で想像してますよね?

仮想世界に入ってしまっているでしょう?主人公に感情移入したり、テレビの中のドリンクが飲みたくなったり。

この仮想世界にいる状態が催眠で、それがもっと強くなった状態が「催眠術」にかかっているときなのです。

暗示文を読んで誘導するだけでは、深い催眠に入れるのは難しい

ヒプノセラピーや催眠療法では、比較的この仮想状態までは誘導できるのですが、それ以上の状態に持っていくのが難しいと考えます。

それは、ほとんどの場合が、どの被験者に対しても同じ暗示文を用いていくというのと、細かい観察をする習慣がないからです。

 

ただ、催眠は日常に溢れているものなので、同じ暗示文でもスッと深い催眠に入っていける方、そうでない方がいらっしゃるので、すぐに入れる方はいいのですが、残念なことにほとんどの方が、スグに深い催眠に入ることができません。

 

 

つまりもっと強くなった「催眠術」にかかっているような状態まで持っていくのが難しいのです。

そしてそれは、深い催眠に入れるのが難しい、ということになるのです。

では、催眠療法やヒプノセラピーにおいて、深い催眠に入ることは必要か?ということになりますね?

大いに必要だと考えます。

「催眠療法」「ヒプノセラピー」を受ける目的はなに?

心療内科、心理学、コーチングなど色々あるのに、なぜ、なんのために「催眠療法」や「ヒプノセラピー」を受けようと考えるのでしょう?

悩みの解決はもちろんですが、「催眠」というものに期待をされているからですね。

 

ということは、期待通りに催眠状態を体感していただくことが大切なのです。

それが日常で体験している想像の世界と変わらなければ、「これで催眠にかかっているの?」と疑問に思ってしまうのです。

そうするとますます深い催眠に入っていくのは難しくなります。

 

催眠とは思い込みが強くなったものだから、疑った時点で目的とは違う思い込みが入ってしまうからです。

 

催眠療法で問題を解決に導くのは、催眠状態で、主に、自分の悩みの思い込みを外したり、過去の問題を遡って探したりすることです。

深い催眠でない、ということは、強い思い込みを作れていないということで、なのに、深い催眠に入れないといらない思い込みが邪魔をして、自分の問題に集中できないのです。

思い込みを強くするのが目的なのに、催眠が浅いと普段の想像と変わらないということです。

だからね、催眠術にかかったときのように(強い思い込みを作る)ことが大切なのです。

 

深い催眠に入ってもらうには、細かい観察と技術が必要です。

 

ヒプノセラピー催眠療法と催眠術の誘導の違い

わたしはヒプノセラピーも習得してきたので、以下は自分の経験を基に話します。

 

ヒプノセラピーでは決まった暗示文を読み上げて、誘導していきますので、基本、被験者の反応に合わせるということをしません。一般の催眠療法もしかりです。

一般と申しますのは、エリクソン、NLP、また催眠術など、催眠について学びを深めてる方もいらっしゃるからです。

催眠術は、テレビでご存知の通り、様々な現象を起こしていくことができます。

ああいった現象を起こしていくには、被験者の反応を細かく観察して個人に合わせた誘導をしていく必要があります。

テレビで見るような現象が起きているということは、自分の中の想像がよりリアルになって思い込みが強くなっている状態、

つまり、深い催眠に入っているということになります。

テクニック的にはとても細かくて、被験者の反応にも段階があるのですが、とても長くなるのでここでは省略しますね。

 

ヒプノセラピーは、穏やかな誘導で催眠状態に導きますので、催眠にかかりにくい方は、催眠状態に入りにくいのですね。

でも、催眠術だとそういう方でも、素早く深く、催眠状態に入れることが出来るのです。

 

 

それは、なぜかと言いますと、催眠術では、どうすれば人が催眠状態に入るのか、ということを深く学ぶからなのです。

 

ショーで見せるための催眠術ですが、ああいう術をかけていくのにも意味があるのです。

催眠術の技術を学んで、ササっとかけているのではないのです。

 

催眠心理を深く深く理解して、相手の心理状態を見極めて、催眠を深めていってるのです。

特にテレビに出ている催眠術師は、究極の心理のプロであると言えます!

でないと、素早く次々と現象を起こしていくことはできないですから!

 

催眠術を学ぶ方は、はじめはテレビで見るような催眠術をかけれるようになりたい、と思って習う方が多いのかもしれません。

だけど、習いだすとその奥の深さに驚くはずです。

 

もちろん、ショー催眠術を習得するのが目的で、それだけに使っている方もいらっしゃると思います。

だけど、おそらく、催眠の本質を身につけるにつれ、人の心を癒す仕事に使いたい、
と考えたり、また、自分自身にも催眠の考え方を活かせるので、自分自身を改革していくのに使いたいと考えるようになる方がほとんどじゃないのかなと思うのです。

催眠術は心理術なんですね。

だから、催眠術の技術を磨くことによって、例えば悩みを抱えている人がいれば、

催眠術をかけながら、その反応を見ながら今、その人の抱えている問題がどんな状態で、どれくらいのものなのか、わかってきたりするのです。

これは、催眠状態に入れて悩みを聞き出す、ということを言ってるわけではなくて、

催眠術をかけていきながら、かかり具合の反応を見て心理状態を読み取る、ということなんですね。

もちろん、催眠術師は魔法使いでありません(^◇^;)

ので、何を考えてるのか全部わかってしまうのよーーー!とかはないし、

読心術ができるわけではないので、その辺りは、ご安心くださいませ^ ^

 

そして、ヒプノセラピーを学んでいたことからのあくまでも、わたし個人のの考えですが、

ヒプノセラピーを学んでいるだけでは、催眠の本質は掴めないと思いました。

わたしはそうでした。

催眠術を学んではじめて、そうだったのか!と腑に落ちまくり、

なぜ、ヒプノセラピーでは、催眠にかかってるのか かかってないのかが、よくわからないのか、そして、人はどういうときに催眠術にかかっていくのか、

こういう基本的なことはもちろん、世の中の不思議全般から、
果ては自分の心のあり方までもわかってしまいます。

これらは、自分で技術を習得しながら、身体レベルで腑に落ちていくのです。

 

(ヒプノセラピーや催眠療法でも、催眠の歴史から催眠の本質までも網羅される先生もいらっしゃるので、そういう先生の元で学ばれた方は別かもしれません、、、ですのであくまで私の経験の元での話しです)

 

 

そうそう、そういえば、思い出しました。

ある、催眠療法士の方が、ブログに書かれていたのですが、、、

「催眠術と催眠療法の違い」について

催眠術は、命令や禁止の暗示をかけるもの、人をコントロールするもの、

と、書かれていて、、、、

そして、催眠療法は悩みを解決するもの、、、とかなんとか、、

ああ〜〜〜〜、それは催眠術を理解していただいていないな〜〜と寂しくなったのです。

 

なぜならね、人を深い催眠に落としていく過程を理解していくことによって、人はどうして催眠に入っていくのか、ということを理解できるからです。

結構、ボロクソに書かれていたので、ちょい反論してみますに、、、、

催眠術は人をコントロールするもの、と言ってる時点で、人が催眠に落ちていく仕組みをわかっていない。

わかっていないということは、人を深い催眠に落とすことは難しいということです。

確かにかかりやすい方には、かけることができるでしょうが、かかりにくい方を催眠に入れることは難しい。

そして、催眠を理解していないと、なかなか人を催眠に落としていくのは難しいのです。

だからヒプノセラピーや催眠療法で、「かかった気がしませんでした。自分で想像しているだけの気がしました」などというご感想をいただくことになり、さらにそこで「かかっていないと思っても、実はかかっているたんですよ」などと、間抜けな返事をすることになるのです。

まぁ、「かかっていないと思っても、実はかかっているたんですよ」というのも、間違いではないんですけどね。

それについては、こちらを読んでみてください。

 

確かに、椅子から立てない!とか、話せない!とか、かけたりしますし、

テレビで見ていると、そういう命令系の暗示が多いような気もしますね。

でもね、これにも意味があるのですよ。


テレビでは、観ている人に
楽しんでもらわないといけないでしょう?

筋肉硬直系の現象は、観ていてわかりやすいので、そういう現象を起こすことが多いのです。

催眠には深度がありまして、かかりはじめは筋肉の硬直系の暗示が入りやすいのです。

そして、催眠というのは自己暗示なので、自分で受け入れるとかかっていくのですね。

だから、かかりやすい筋肉硬直系からかけていって、どんどんと深い深度で起こる催眠現象を起こしていくのです。

 

深い催眠に入ると、オーラが見えたり、もう会えない亡くなった人が目の前に現れたり、飲み物の味が変わったり、英語ぺらぺらになったり!

決して、命令系の禁止系の暗示をかけるのが催眠術ではないのです。

もちろん、コントロールしているわけでもありません。

術師の言葉を受け入れないとかからないのだから、命令なんてされたら受け入れたくないですよね?

だからね、催眠術でコントロールなんて出来ないのです。

そして、人はある程度の深い催眠に入らないと、暗示も入りにくいので

催眠術で深い催眠に入れるのは最善の方法だと考えるわけです。

オーラが見えたり、目の前に会いたい人が現れたり、

それを考えたら、どれだけ暗示が入っているか、もう、おわかりですよね?

 

このブログを書かれた催眠療法士の方も、催眠術を学ばれたことはないと思います。

こういう誤解があるのは、誠に残念なことです、、、、

催眠術は、本当に素晴らしいんですよ!

 

かかっている間はすっごく気持ちいいし、

瞑想を何年してもいけなかった「無」にあっという間にいけるし、

雑念が無くなって、心穏やかになれるし、

スピリチュアルで練習しても、見えなかったオーラがすんなり見えちゃうし、もう会えないあの人も目の前に現れる!!

 

おまけに、催眠心理を学ぶと、世の中の洗脳から身を守れるし、コミュニケーション術も身につくし、自分で人生を変えていけるって身体レベルで腑に落ちる!

 

ああ、素晴らしきかな、催眠術、

わたしは、ほんまにもう、催眠術から抜けれません、、、笑

 

関連記事
ヒプノセラピー,スピリチュアル,催眠術
ヒプノセラピー 催眠療法やスピリチュアルで効果を感じられなかった方へヒプノセラピー(催眠療法)やスピリチュアル系の施術でかかっていた実感がなかった方はこれを読むと真実がわかります!...
催眠術,無になる,無我の境地,心が無になる
ヒプノセラピーで満足できなかった方も催眠にどっぷり入る方法ヒプノセラピーでかかっているかよくわからなかった方へ、催眠術ならあっという間に催眠に入ることができますよ!なぜならアプローチの方法が違うからです。そしてヒプノセラピーと催眠術は違うと言われているようですが基本的に同じ催眠です。...

 

メリットだらけの催眠術メニュー
催眠術メニュー ダイエット、苦手克服、英語ペラペラ、潜在能力開発潜在意識から能力を最大限に引き出します。苦手克服、ダイエット、英語ペラペラ。催眠中は脳の緊張が緩み究極のリラックス。「無」の世界へ5分でいけます。...

 

自分を愛してなりたい自分になる自己催眠↓

 

輝く幸せマインドになりたい方は、ご登録ください^ ^

水野真由美 メルマガ

  
催眠術師が導く前世への旅「前世退行催眠」大阪
↓↓↓

ameblo.jp

 

☘️楽しい催眠術の体験しませんか?!^ ^ 大阪
↓↓↓

ameblo.jp

 

f:id:love-mami:20180403204911j:plain